レポート1

昨日紹介したデジスコドットコムの・3インチ液晶フード HD-30WMCと円筒式照準器システムDOS-HS01のテストです。

今日は天気予報で名古屋の最高気温が38度Cになるというので11時まで内勤をして早々に図書館に避難を考えていました。と・電話が鳴り出ると、師匠だった。「うちの職場の水場にメジロやカラ類が来るけれど撮影しに来ないか?」というので二つ返事で行くことに。体調を崩して以来の撮影だがまぁ図書館ほどではないが森の中だから家よりは涼しいだろうから行くことにした。はじめは水場に陽が差し込みコントラストが上がって手の打ちようがなかったが夕方16時から鳥たちの飛来数が増え、キビタキ、メボソムシクイが撮影できたのはラッキーだった。

水場のメジロ

さて照準器はかなり角度が自由に調整できるのでシーンに合わせて使えそうだ。私の場合動画撮影時は通常ファインダーでのぞきピントを合わせてから動画用のライブビューに切り替えるが、照準器を付けていればライブビューを付けたまま画面に目標物を入れられるので慣れればかなり楽になりそうだ。その際に液晶フードを付けて入れはAFよりピンが取りやすくなる。しかしこれは慣れによるかも?

液晶フードは台座をはじめに外してカメラに両面テープで装着するが、最初のこの時点での台座を外すのが意外と苦労する。しかし2~3回着脱すると後はかなり楽に着脱できる。動いている鳥を撮影するには結構苦労するしAFの方が楽だがフレームを決めてからライブビューで10倍拡大してからピントを合わせるのは凄く楽だった。 写真は水を飲みに来たメジロをライブビュー5倍でピントを合わせて撮影しました。

カテゴリー: レポート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*